働く仲間たち

保安伐採従事(1988年入社)

Q.01入社のきっかけ
ANSWER
 KDS社員の紹介です。その当時していた仕事とは全く違うジャンルの職業で、「木登りをしたり、木を切ったりする会社だ」と聞いた時に、おもしろそうな会社だなーっというのが第一印象でした。
 そこから転職を決めて今に至ります。
Q.02KDSはどんな会社か
ANSWER
 若手からベテラン社員まで年齢問わず、仲が良く楽しく仕事ができる会社だと思います。
 危険なこともありますが、先輩が後輩をフォローする体制は整っているので気兼ねなく仕事ができます。
Q.03やりがい
ANSWER
 災害時の停電後に、通電した時お客様から「ありがとう」と感謝の言葉をいただけるのは一番のやりがいですね。
 電気・ガス・水道と、この3つは今ではあって当たり前のものですが、その一つである電気を守れているのも誇らしいです。
Q.04働くうえで意識していること
ANSWER
 現場管理者である今は、班員にケガをさせないことはもちろん、事故を起こさない・起こさせない、安全作業を徹底させるという事を意識しています。
 自分が入社した当時は、早く仕事を覚えて先輩方に苦労をかけさせないということを意識していました。特に、木登りする時は、率先して登るようにしていましたね。
 なので木登りは得意です!コツは丈夫な木を見つけること(笑)叩いたりゆすったりして自分で確かめることが大事です。
Q.05後輩に向けて一言
ANSWER
 現場では、「自分も責任者の一人」という意識をもって行動してください。
 安全作業を念頭に!そのためには、班長も班員も関係なく、一人ひとりが自分の行動に責任を持って行動することが大事です。
 事故をしない・させない、安全な現場づくりを全員で意識して今以上に心掛けていきましょう。